メニュー

ブログ・お知らせ

組織論から考えるハラスメント対策

カテゴリ: ブログ 作成日:2022年03月01日(火)

274893681 4514514998654544 6504577280916394530 n

 

 

人それぞれが「人間観」を持っているように

 

組織にも人間観・組織観があると思います

 

ハラスメント対策の

 

そこが根幹になるのではないでしょうか

 

 

ちょっと古めの本ですが
 
菊澤研宗著『組織は合理的に失敗する』は
 
太平洋戦争における日本陸軍の
 
不条理な行動を分析することにより
 
現代における組織課題を抽出している
 
学ぶことが多かった一冊です
 
 
【完全合理性】と【限定合理性】が
 
基調テーマとなっています
 
 
さてあなたは
 
人間は<合理的な存在>であると思いますか
 
 
私は、人間は合理的存在であること目ざし
 
ときに不合理に陥る
 
これが<失敗>ということだと思っていました
 
 
しかしこの本では
 
人間は元来【限定合理的】な存在であるとし
 
いわゆる制限・限定のある中で
 
意図的に合理的にしか行動できない
 
という構図が述べられています
 
 
日本軍が勝ち目のない
 
無謀に思える戦いに挑んだのは
 
不合理な組織であったからではなく
 
元々の限定合理性の中で
 
合理性を追求した結果であるというのが
 
ざっくりとした内容です
 
 
たとえばインパール作戦において
 
作戦を中止する方があまりにコストが高かった
 
後戻りするよりは
 
勝利の確立がゼロでない限り
 
突き進む方が良いという
 
逆に合理的判断がなされたというわけです
 
 
ハラスメントに焦点をあわすと
 
個々人または組織という人間集団を
 
【完全合理性】として見ている中では
 
不条理なハラスメントは発生しやすいと考えます
 
そこでは<誤り>はあってはならないことと認めがたく
 
よって開かれた議論も展開しがたくなります
 
 
私たちの情報収集や処理能力・伝達能力には限界があり
 
あくまで完璧完全ではない情報の中で
 
なんとか合理的に判断行動しているのだ
 
という【限定合理性】を受け入れるならば
 
<ミス>や<非効率>は
 
誰であってもどんなチームの元にも
 
常に発生しうるものであり
 
<不条理>をいかに乗り越えていくかを
 
相互扶助の元に進めていけるのはないかと思います
 
 
「完璧をめざせ」「ミスは許されない」
 
それが唯一正しいことであるという組織であるよりは
 
私たちの【限定合理性】という
 
ある種の至らなさを認め合って
 
より良き修正を試み続けようというスタンスが
 
組織ハラスメント防止には
 
なによりも根幹であると思われます
 

Copyright © ソーシャルスキル・プログラム 合同会社 All Rights Reserved.