メニュー

ブログ・お知らせ

パワハラ問題と自己モニタリング

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年04月04日(日)

168155035 3500297596742961 5179218980715263151 n

 

全日本空手道連盟や

バスケットボール男子Bリーグなど

スポーツ界のパワハラ問題が

ここのところ続いています

 

指導する側に立つと

人はなぜか自己尊大化

してしまうことが

大いにあるようです

 

立場が人を変える

 

よって

役割としての立ち位置が

上になった人間には

より自己モニタリングスキルが

求められると思います

 

自己を観察する技術ですね

いわゆるメタ認知

もうひとりの自分が

別の視点から自分を観察して

気づきを得ること

 

「最近指導と称して

 否定ばかりしているなあ~」

「物言いに工夫が足りていないな」

など

 

スポーツ界だけでなく

この春後輩を持つことになった人

昇進して部下ができた人なども

自分の状態を客観的に観察する

自己システムが必要ですよね

 

そのために

セルフモニタリングノートを

つけてみるのはいかがでしょうか

 

自分の状態や感情を

ノートにつけ続けてみる

「今日はなぜかイライラして

 怒鳴ってばかりいた」

「返事の声が小さいと

 とにかく腹が立つ」

など

 

そうすると自分自身を

自分自身の脳が認識する面が増え

感情のコントロールが

整いやすくなります

 

人より偉い人などどこにもいない

人はみんなそれぞれが

その人として最上

ただもっと成長はしていい

自戒を込めて

そう思います

 

Copyright © ソーシャルスキル・プログラム 合同会社 All Rights Reserved.