私のための私が作る教科書 – ソーシャルスキル・プログラム
2018/03/25
コラム

私のための私が作る教科書

 

NHK Eテレ「ダイアモンド博士の“ヒトの秘密”」

進化生物学者ジャレド・ダイアモンド博士が

「人間の本質には動物的な面とヒト独自の面がある」というテーマで

色々な切り口から

アメリカの若者たち(高校生?)に授業を行っていく放送です

「集団虐殺(ジェノサイド)はなくせるのか」など

勉強になる内容ばかりですごく楽しみにしているのですが

その中で別の視点から興味深かったこと

それは、授業を受ける若者たちがそれぞれ小さなノートを持っていて

とっても一生懸命メモを取ることです

 

いわゆるテキストはなく、配布物もなく

たまに博士が小さな黒板に書く文字以外は

自分がしっかりキャッチするしかないのですね

私はいいなあと思いました

与えられるだけでなく自分からつかむ力を

鍛えられている気がします

最近若手の研修などで

メモを取る人が少なくなったという声が多々あります

テキストにすべてがあると思っているのでしょうか

一方、管理職研修などでは

きらりと目が光る瞬間があって

そのときペンが動いていらっしゃる姿が多々散見されます

ご経験からくる自分ならではの“観点”があって

ここは持ち帰る!という行動を取られるのでしょう

若手は、経験はこれからですから

逆に、今後のためにという観点からすると

メモを取ることは山のようにあってもいいかもしれません

 

教科書もレジュメもない中で学ぶ体験

今後学校でも、研修でも、必要になるコンテンツではないかと思います

 

2018.3.25