土佐の高知の黄泉の国 – ソーシャルスキル・プログラム
2018/02/12
コラム

土佐の高知の黄泉の国

 

土佐の国

高知の方は

高知弁とは言わず

土佐弁とおっしゃいますね

 

ある冊子で見つけた土佐弁のお話です

 

いわゆるお悔みを申し上げるとき

「この度は『山入り』されたそうで・・・」

「急に『国替え』をなさったそうで、

さみしゅうなりました」というそうです

すると喪側は

「ぼつぼつ『小道具を送り』よりましたが、

この度、調(ととの)いまして」

と返すのだそうです

 

なんと風情のあるお送りの言葉でしょうか

 

小道具を送る・・・

高齢になり耳や目が悪くなること

 

老いる途中

少しずつ私たちは小道具を送り

すべて送りきり、調ったら

山や別の国に出向いていくのですね

 

どんな言葉を使うかに

その人の人間観や

世界観が現われていると言いますね

土佐の国の死生観を教えてもらいました

 

そして

土佐にゆかりはなくても

そこに何かしら

懐かしいような安堵を感じました

 

2018.2.12