THE HOTEL ワタシのための清潔空間☆ – ソーシャルスキル・プログラム
2018/08/31
ブログ

THE HOTEL ワタシのための清潔空間☆

 

エクスペディア・ジャパンの調査では

チェックインした際に

日本人客が嫌がることの多くは以下だそうです

「ベッドに髪の毛が落ちている」(50%)

「タバコなどの悪臭がする」(43%)

「トコジラミがいる」(34%)・・・う?トコジラミ?

 

ホテルの部屋を変えてもらう理由では

「悪臭がしたり、シーツが汚れていたりと部屋が汚い」(80%)

「近隣の部屋や外でうるさい人がいる」(51%)

「部屋自体が気に入らない」(25%)

となっています

 

私自身も出張でホテル泊、確かに一度

入室したらいきなり真っ白いベッドの上に

長い毛がにゅ~と弛んでいるのが目に入って

ましてや窓の前に

大きな木が被さっている暗い部屋で

思わず「怖い・・・」と

部屋を変えてもらったことがあります

 

またかなり有名な歴史のあるホテルにおいて

枕カバーにチョコレートが付いている

というのもありました

よく見るとシーツも薄汚れていました・・・

ベッドは歴史があってもいいですが

シーツは新しい方がいい!

こちらはリネンだけ換えて頂きました

 

やはりホテルでは

自分だけの空間を楽しみたいもの

清潔感はそのための大事な舞台装置ですよね

そしてもちろん

できるだけきれいに使って部屋を出ることも

清潔なお部屋へのお礼ですし

客としての矜持です

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド

★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子季節のコラム 最新号 ⇒  喧嘩の流儀

月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』☆最新号 ⇒200. 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

★2018年4月以前のブログはこちら

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇