緒方貞子の言う積極的平和主義 – ソーシャルスキル・プログラム
2019/10/30
ブログ

緒方貞子の言う積極的平和主義

緒方貞子さんが逝去されました

日本人でしかも女性で

スゴイ人がいるなあ・・・

ずっとそんな風に見てきた方でした

2015年9月の朝日新聞のインタビューで

日本の難民受け入れについて質問され

「物足りない、の一言です。」

「日本は、非常に安全管理がやかましいから。」

「リスクなしに良いことなんてできませんよ。」

「難民の受け入れは積極的平和主義の一部。」

「開発援助も、底辺に届くようなものをどれだけやるかだ。」

と話されています

リスクなしに良いことなんてできない

ほんとうにそうだと思います

難民問題のみに関わらず

私たちは

できない理由を探すことがいつも上手

しかし

やるべき理由と志があるなら

リスクを受けながらでもやるしかない

やるっきゃない

そういう勇気が必要なのでしょうね

そしてきっと

勇気を持つことは

自己保身や偽善ではとてもできないこと

私のため、ではなく

あなたのため、でもなく

私たちのため、に

勇気を持つことが求められている

私たちのために、なら

私たちは勇気が持てるのじゃないだろうか

そんな私なりの思いを

今改めて

緒方貞子さんから学びます

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド

★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子季節のコラム 最新号 ⇒  ノブレス・オブリージュ精神で

月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』☆最新号 ⇒200. 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

★2018年4月以前のブログはこちら

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇