知恩院で学ぶおてつぎと組織開発と – ソーシャルスキル・プログラム
2019/12/14
ブログ

知恩院で学ぶおてつぎと組織開発と

仕事が終わり

時間がある!と知恩院にお参りしました

父方の先祖代々の喉仏を供養して頂いています

そこで、いつもは目にとめていなかった

「おてつぎ運動綱領」という文章を発見しました

法然上人の説かれた念仏の教えを

「手から手へ」「人から人へ」伝えていく運動だそうです

おてつぎ・・・ということばがあるんですね

いいことばだなあ

宗教の世界だけでなく、宗教に関わらず、

私たちいいおてつぎをしたいもの

人から人へ伝承されていくものって尊いですよね

人類の学びの源泉

いわば組織やチームも

おてつぎがどう行われていくかで

展開が変わっていくものと思います

もちろん時代と共に変化は大事で

おてつぎだけがすべてではないけれども

組織が何のために存在し

どのようなお客様の喜びを創り

どんな形で社会に貢献するのか

いわゆるコアの部分の精神のおてつぎが

しっかり行われていくかどうかは大切にしたいですよね

組織やチーム開発で

包み込むように大事にしたい観点です

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇

著書『人を育てる 人が育つ“YES職場”の創り方 ~私たちの組織を活性し☆私たちの組織を育て続ける☆小さなメソッド~』 ギャラクシーブックス発行 Amazonオンデマンド

★HP ソーシャルスキル・プログラム 代表人材活性コンサルタント 吉 田 真 知 子季節のコラム 最新号 ⇒  ノブレス・オブリージュ精神で

月刊メールマガジン『吉田真知子<ごきげんさん>の創り方』☆最新号 ⇒200. 100年生きる確証はないながら

フェイスブック 吉田 真知子

★2018年4月以前のブログはこちら

◇☆★☆★☆~いろんな世代の元気をつくる~☆★☆★☆◇